ちっちゃなジレンマなんかどうでもよくなるマンガで気分を変えよう

団地ともおと言う漫画がおススメだ。主人間一般は木下ともおと言うちょっとおバカな小学5年生命。人間がどうでもいいと思うようなことにはとことん嵌るが、誰もがはまるようなことには全体こだわらない一風変わったキャラクターで、毎回独特の観点から自分なりに問題解決していきます。お父さんは独身転勤の場合での場合生徒の姉と女性と団地に住んでいる。ともおの界隈で現れる普通の通常がオモシロおかしく時折涙ありで描かれている。OFF友達が出かけて行くの場合、自分だけがどこにも連れていって貰えず、暇なの場合で今まで気づかなかったことを発見したり、40料金の当方がむかし感じたような事をともおも感じていることに以心伝心が持てます。平成の幼子と言うよりは昭和の幼子のような率直なともおとともおを取りまく友達や大人間も可愛い味覚を出している。特におススメなのが「亀の甲より年の甲だよともお」という回のお話。優しそうなともおのおじいさんの意外な本音に思わず吹き出してしまう。まごのともおを見ながら「うるせーな。」と感情思っていたり、「物心が分から乏しい。」というともおに対して「ともおは物心が付くのが遅かったもんな。」と感情思っていたり、きめ細かい含み笑いのおじいさんからは想像ができない毒づいたおじいさんの本音が愉快でなりません。単位回ともお以外の主人間一般が覆り、その人間の機嫌や現象が描かれているのですが単位回楽しいだ。団地ともおを見ると悪い恐怖なんかどうでも良いと感じるほど肝ったまつけられるおススメの漫画だ。専業主婦が内緒にお金を借りる方法とは?